Research

研究内容の概要

本研究室は、マイクロ・ナノデバイス技術を医療・バイオ分野と融合させることで新しい研究分野や産業を創出することを目指しています。具体的には、微細加工技術を活用して1/1000ミリ単位の小さな空間を自在に設計・加工して手のひらサイズの“小さな装置”の開発を行っています。その小さな空間の中で細胞や生体分子を取り扱うことによって、生体機能の再構築や生命現象の解明を実現する、医療応用を目指したデバイスやシステムの研究を進めています。機械と生物という一見相容れないもの同士を巧みに組み合わせたシステムの創成は、医療応用への利便性を向上させるだけでなく新たな発見への期待を膨らませてくれます。

研究分野の今後の発展性・社会性について

少子高齢化が進む中で、高度な治療から在宅での日常的な検査まで、医療の重要性は今後ますます高まることが予想されます。本研究室で開発を進めているような、操作が簡便で小型な医療デバイスが普及すれば、誰もが安心して迅速な検査や高度な治療を受けられるようになることが期待できます。本研究分野は、先端的な工学技術と医療・バイオをはじめとする様々な学問とを融合して新たなシステムを創成しようとする領域横断型の新しい研究分野です。
21世紀はIT(情報技術)と共に、バイオの時代とも言われています。こういった工学とバイオを融合した先端技術の研究は、今後ますます注目されるでしょう。

研究の特異性

本研究室における研究アプローチは、人工物と生物を組み合わせて生体親和性の高いハイブリッド型の医用デバイスを構築することです。そのため、「機械」だけではなく、「生きた細胞」を用いて実験することもあります。
取り扱う細胞の種類も様々で、ヒトの体細胞だけでなく、再生医療への応用を目指してES/iPS細胞や生殖細胞を使った研究も行っています。機械工学の枠組みの中でこれだけ多種類の細胞を扱う研究は世界的に見ても非常にユニークです。

ゼミ・教育について

本研究室は、「もの作り」の研究室です。そのため、学生の主体性を重視しています。研究テーマについては、既存のテーマに囚われることなく、学生自身が積極的に進めていける研究テーマを一緒に模索していきます。学内外の研究機関との共同研究も盛んに実施しているので、より高いレベルの研究にも従事することができます。時には「論よりRUN」の精神で行動力をもって新たな研究テーマにチャレンジしていきましょう。
「機械工学科の学生がバイオなんて・・・」という人もいると思いますが、やる気さえあれば、まったく心配いりません。生きた細胞だってすぐに扱えるようになります。まずは興味を持って、自由な発想で、積極的に研究に参加してみてください。もしかしたら、バイオの常識にとらわれない皆さんの発想から大発見が生まれるかもしれません。

研究キーワード

マイクロ流体デバイス、マイクロ流体チップ、マイクロデバイス、マイクロチップ、医工連携、流体工学、流体シミュレーション、微小流体制御、細胞工学、発生工学、宇宙工学、システム制御、システム工学、in vitroモデル、脳卒中、創薬、動物実験代替、細胞培養、灌流培養、不妊治療、生殖補助医療、体外受精、ART、再生医療、受精卵培養、精子選別、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、

Hits : 0